HOO誌主催「カマロでレース!?」
@HEROしのいサーキット

Reporter:Jorry
[登場人物]
C.O.Net:TAIさん Takaki夫妻 masaさん D・ありすさん親子
        ひろもさん やまがためぐむさん Jorry
        (友情出演)渚さん Rineさん

その他:Advance Auto常連N村さん Westclub石川さん ハルさん
    ABLE原さん Volcanoオサ社長と店員のおじちゃん(名前失念…)
    栃木のお百姓さん 俺のオヤジ 他

 C.O.Net関東支部結成以来BBS等でも何度か話題にのぼり、いつかは
やりたいねと言っていたサーキット走行会。今回雑誌社主催の走行会に
参加という形で一応実現!となりました!

 ただ、やはり初めての体験ということ、またSHOPの常連さんが
いてこわそう、あおられそう、ジャマになりそう、等々不安も結構あり、
参加者希望者があまり出ず、とりあえず行ったれ〜と深く考えずに参加
エントリーしたのが下記の4台でした。(深く考えてないのは私だけ?)

○買った時からカリカリTuned系 柏で468馬力はダテじゃないぜ TAI号
 仕様:98年式 Z28 Convertible 色:Black
 Tune:Volcano製ストラットタワーバー&ワンオフロールバー
      Volcano製チタン砲弾マフラー(借用品←なのに縁石ガリガリ)
      Eibach製コイル GM純正Shock Absorber
      RK Sports CA-800 フルエアロ American Sports Wheel
      Bridgestone GridU Front245×18inch Rear275×18inch
 (何かこう並べるとTAI号ってスゴイのね〜。ショック以外完璧。)

○V6なんか乗ってられっか系 足回りTuned  ひろも号
 仕様:99年式 Z28 Coupe 色:Red + ハイビスカス
 Tune:HAL製車高調整付Shock Absorber コイルは何でしたっけ?
        (Fuse注:確かコイルはHotchkisですよね)
      Advance Auto パンハードロッド ストラットタワーバー他
      Advance Auto スペシャルワンオフアライメント調整(×万円)
      Goodyear EAGLE Front245×16inch Rear245×16inch
      GM純正Wheel(よしよし)

○免許取りたて若葉マークで飛ばすぜ系 若さで勝負 やまがためぐむ号
 仕様:95年式 Coupe 色:White
 Tune:Volcano製ストラットタワーバー
      GM純正Shock Absorber GM純正コイル(やった仲間だー!)
      Goodyear EAGLE Front225×16inch Rear225×16inch
 おまけ:オフ会中にバッテリー死亡経験あり(笑)。

○Z28なんか買えねえよ 見た目でごまかせ系 Motor Up Tuned Jorry号
 仕様:98年式 SportsCoupe 色:White
 Tune:Volcano製ストラットタワーバー ウルトラマフラーカッター(笑)
      GM純正Shock Absorber GM純正コイル(Tuneじゃねえって)
      RK Sports CA-800 フルエアロ with SuperWing
      WingsWest フロントグリル USテール(だからTuneじゃねえって)
      Goodyear EAGLE Front235×16inch Rear235×16inch(ミゾなし)

 開催日が近づくにつれ、緊張感が増してきます。みんな練習したり
してるんでしょうか?最適なドライビングポジションは?イスはもっと
前の方がいいか。ハンドルは、チルトを動かしてっと…おっと路駐だ!
ガコーンきゃーハンドルぶれたー!!プルルルル…ケータイだー!!!
「あ、もしもしJorryさん。えっと渚です。」てめえ余計な時に電話して
くんなー!!(ウソウソなぎちゃん。怒ってないからね。ちゅ。)
パニックパニックこんなんでホントにサーキット走れるんかいな。まあ
こんな状態だったのは私だけだったと思いますが。

 メンテナンスも何をしていいやら…。エンジンオイル交換。むむ〜高い
けど奮発してMobil1でも入れたれ!「フラッシングはなさいますか?」
「ふらっしんぐ?」…。※ブロック内洗浄用のオイルをちょっと入れて
アイドリングするものだそうです。知らなかった…。
 ブレーキオイルは大丈夫かな。タンクの外から見て量がちょーくっきり
わかるくらい真っ黒だけど。ヤ○セのサービス「車検の時で大丈夫っす」
ほんとか〜?!地元のとあるクルマ屋「サーキット走るならせめてDOT4
に交換した方がいいですよ」ほれ見ろ〜ヤ○セめ!!

 ここで一大〜事!!やまがためぐむさんの不参加が決定!がちょーん。
「事故」らしい…。ああ…貴重なV6仲間だったのに…。残念。その後
クルマの調子はどうなんでしょうか?身体は大丈夫かな?
 さらに一大〜事!!なんとひろもさんも不参加が決定!がちょいーん。
「パワステオイルが吹いた」らしい…。一番気合入ってたのに…。残念。

 結局TAI&Jorry爆裂義歯研究所飲んだくれ仲間に落ち着いてしまった。
まーいつも通りか!!Volcano常連仲間で頑張りましょう!!ってことで
前日はVolcanoのオサ社長と店員のおじちゃんと渚さんとRineさんと
メンテがてら焼肉前夜祭で盛り上がっちまいました!!(余裕ぶっこき。)

 そんなこんなで、TAIさんとJorryは大黒PAで朝8:00に待ち合わせ、
Takaki夫妻が東北道蓮田SAで合流、masaさんが佐野SAで合流、一路宇都宮
近郊のHEROしのいサーキットへ向かったのでした。

 さらにここで一大〜事!!宇都宮ICを通り過ぎちゃったぞ〜!!!
次の矢板ICまで結構な距離を走ってIC内を逆戻り。200km/hでルート
回復ただしTAI号だけ。masaさんナビ大丈夫〜?!IC下りたあとも不審
な目で見つめるお百姓さんの前を通り過ぎたら道を間違えててUターン。
再びそのお百姓さんの前を通り過ぎることになってしまったりしながら
(きっと「あれま〜今日は何だべな〜?」とか言ってたに違いない…。)
なんとか無事サーキットに到着したのでした。

 ピットには雑誌でおなじみ俺は見た目にはこだわらないぜ系クロウト
好み風外見はノーマルだけど裏返したらきっとすごいのね的なクルマが
ずらっと並んでいるじゃありませんか…。Advance AutoやABLEの常連の
皆様じゃないですか〜。こんなお歴歴と一緒に走るなんてどーしましょ。
うわージャッキアップしてタイヤ換えてるよ〜。俺に換える前のタイヤ
貸してくれないかな…。純正よりはまだマシかも。

 とりあえず我々だって参加者だ。ピットに入って何が悪い。とTAI号
Jorry号RK CA-800兄弟仲良く並んでピットインしたのでありました。

 しばらくしてボンネットに「Vex」の文字のあるハデハデ系エアロ
大好き低くて速くなくちゃカッコ悪いでしょ的な3台のCAMAROが
登場。来た〜Westclubの常連の皆様ですね〜。おっ1台はJorry号に
そっくりだ。ってお前がマネしたんだろー!と自分につっこむ。その車
がJorry号の横にピットイン。外見はほとんど同じなのに、エンジンの音
がまるで違う〜。しゅどどごごぉーーー…。まるでジェット機のようだ。
この車呼吸してる…。空気の通りがいいんだろうな〜。浜松という遠い
所からよくいらっしゃいました。「うん3時間半くらいかな。」は?!
一体どこを走って来たんだこの人達は…。

 さらにまったりしていると、おっ、D・ありすさんの登場だ。あれ?
なんかめずらしい車と一緒に来たぞ。モーガンじゃないですかすげ〜。
えっ?!ありすさんのお父様?!カッコよすぎる…。超実用主義系車は
移動手段だぶつけないようにバンパーの左右にポール立てちゃうもんね
的な、それでもバンパーの角擦っちゃってる俺のオヤジって一体…。

 受付。ボクはここで事故っても誰にも何も文句はいいませんという
誓約書を書き、ゼッケンをもらう。どれどれボクは何番かな〜。「4」。
いやーーー!!死ぬの!ねえ!死ぬのボク!!こーゆー縁起の悪い番号は
はずして欲しかったっすぅ〜…。

 もうだめだ。ボクは死ぬんだ。お父さんお母さん言うこと聞かない子
でごめんなさい。くそ〜あと2人くらいやりたかった〜。などとすっかり
しょげていた時、「こんにちは〜。」おっ、この顔雑誌で見たことが!
AdvanceAuto常連のN村さんじゃないですか。この人速いんだよな〜。
でもなんてやさしそうな笑顔なんだろう。

 何か興味深げにJorry号のエンジンルームを覗き込んでる。どきどき…
何か致命的な欠陥でも…?!「ふ〜んV6ってこうなってたんだ〜。」
…あなた様はV6のエンジンルームを見たことすらなかったのでござい
ますか〜。さすがでございます。

 今度はタイヤ。どきどき…。ミゾほとんどないんすけど。「このタイヤ
今日で終わりだね〜」ははー。見抜かれましてございます〜。

 「今日サーキット初めてなんですよ〜。遅かったらさっさと抜かして
行って下さいね〜。」「ははは、大丈夫ですよ。無理矢理抜かすような
ことはしませんから〜。」…なんてイイ人だ…。この一言で緊張感も
すっかり解消。そうさ!自分のペースで走ればいいんだ!

 と、ぼけぼけしてる内にTAIさんが真剣な顔で色々準備を始めました。
タイヤの増し締め、荷おろし、フロアカーペットはずし、ゼッケン貼り。
こんな真剣なTAIさんを見るのは初めてだ…。気合が違いますね〜。って
言ってる場合か?!とJorry号もTAIさんの工具をお借りしてマネして色々
やってみました。ここで発見。97モデル以降の純正ホイールのボルト。
あれは直接タイヤをとめてるんじゃなくて単なるカバー止めのボルト
なんですね。本物のタイヤをとめてるボルトはカバーの中にあるんです。
へ〜知らなかった。とそこへTAIさん「Jorryさんラチェットで増し締め
してたの?これでカバーはずしなよって意味だったんだけど。こっちで
やんなよ!はっはっは!さすがJorryさん。」……。ホントにこんなんで
サーキット走っていいのか俺は?!トランクからは一升瓶が出て来るし…。
松竹梅だって。って関係ないかこれは別に。



 〜Pitで準備中のTAI号とJorry号〜

 準備も一応整いみんなで「お〜あのコーナーこえ〜」とか言いながら
コースを眺めていると、ABLEの原さん、Westclubの石川さんが歩み寄って
来て、色々お話していました。原さんが「今日はC.O.Netさんは何台?」
「そこの黒と白の2台です〜。応援しに何台か来てくれたんですが〜。」
原さん石川さん「出りゃいいじゃん!!」なに?!思わず見つめあうmasa
さんとありすさん。あれ?Takakiさんは?あーいた。日陰のベンチで夫婦
仲睦まじく佇んでます。いよっアツイねえ。うらやましいぞチキショー。

 「よーし出よう出よう!!早く受付しないと締切すぎちゃうぞー!!」
と、半ば拉致される状態で石川さんに連れられてピットハウスに連れられて
行く2人。「来る時から何となくやな予感はしてたんだよ〜。」masaさん
顔色青いよ。髪の毛もこんなに金色になっちゃって…。「masaさんが出る
ならボクもつきあうよ!」お!ありすさんは結構やる気だ!!その間に
TAIさんとJorryでTakakiさんを誘いに走る。「Takakiさん出ましょうよ!
masaさんとありすさんも出るって!!」「俺かぁ〜?!」来た〜!急展開。
こんなことになろうとは!でも多い方が心強いし、こういうヤケクソな
異常緊急事態は個人的にはちょー大好き、何だか楽しくなってきたぞ!!!

 しかしTakakiさんやる気マンマンだったものの、肌露出ストリーキング系
日焼けしたいぞ仕様半袖半ズボンおまけにゾーリときたもんだ…。これじゃ
さすがに厳しいか〜というわけで断念。しかしmasaさんとありすさんは
両社長の勢いも手伝って見事エントリー!下記2台が急遽追加となりました!
masaさんも半袖でしたが、スタッフから長袖シャツをGet!ありすさんは
長袖シャツを持っていました。実は初めからやる気だったんじゃないの?!

○ドライバービジュアル系 Yahooオークション格安爆音仕様 masa号
 仕様:97年式 SportsCoupe 色:Black
 Tune:Hotchkis製ストラットタワーバー Westclubスパイラルマフラー
      RK Sports SuperWing クリアコーナーレンズ
      蛍光CAMARO Letter メタルパッド ステンメッシュホース
      Goodyear EAGLE Front235×16inch Rear235×16inch
      ステラ#1フルエアロ(予定)←書くなって?

○柏の御曹司系 ShotGunカマ掘られて寿命2ケ月 事故成金仕様 ありす号
 仕様:96年式 Coupe 色:Silver
 Tune:Westclub4本出しマフラー K&Nエアクリーナー
      Work レイバー Wheel(V6 Coupe定番)
      ごめんタイヤのサイズと種類忘れちゃいました。18inch?

 あれ、ちょっと待てよ。さっきまでV6は私だけだったのに一気に2台も
増えたぞ。これじゃ「V6だから遅かった」って言い訳できないじゃん!!
しかも2人とも足回りいじってるし…。これは手放しで喜んでいる場合じゃ
ないか?!奇しくも96、97、98のV6対決の図式が出来上がっていたので
ありました。走りに関して純正なのはJorry号だけ。新しさという武器だけで
どこまでカバーできるか?!!

 引き続きミーティング。ここのコーナーはこう走らないとスピンして死に
ますよみたいな説明を聞いて、さらに戦闘モードが盛り上がってきました。

 さーてそろそろメシでも食うか、とピットハウスの食堂に向かって歩いて
いたらTakakiさんが「弁当食う?!ウチのカミさん朝早く起きて作ってきて
くれたから!」きゃーー!!!ホントですか!!!感激した野郎どもから
期せずして「ミツヨ」コールが湧き起こりしまいにゃウェーブが起こったり
なんてことはしませんでしたが、大感激!!ポンズダブルホワイト私ファン
デーションは使ってません系色白美人のミツヨ奥様お手製のお弁当にみんな
でありついたのでありました。C.O.Net専属レースクイーン決定です。次は
水着でお願いします!!「バカじゃないの。」って怒られそう…。

 ピットに戻って、隣のWestclub常連のハルさんと談話。「ブレーキの
フェードには気をつけた方がいいですよ。」「ふぇーどって何ですか?」
「・・・・。」でもちゃんと丁寧に教えてくれました。いい人だ!!!
「走る時ってクーラー入れます?」「ええ、私はクーラー入れて音楽かけて
快適仕様でタラタラ走りますから。」そんなこと言っちゃって速いくせに〜。
でも俺もそうしよっと。暑いし。音楽かかってる方が速く走れそう。
(でもこれは後からTAIさんに「初めてのくせに何余裕かましてんだよ〜!」
と笑われてしまいました〜。クーラー切ってる方がやっぱり速いです。)

 さあ、いよいよレース開始です!ヒート1とヒート2の2本行い、ラップ
タイムを競ういつでも好きな時に休んでいいのよレースです。「やっぱり前
の方で目立ちたいよね!」といってTAIさんさっさとグリッドラインに。


 〜Grid LineのTAI号とmasa号〜

連られて私も前の方に。どうせすぐ抜かされるんだからスタートの時くらい
前の方にいないとね。信号が青に変わり一斉にGO!!2速ホールドした
V63.8Lエンジンがあっと言う間にレッドゾーンへ。かーーーっこわい
けど気持ちいい!!!このままどこまでも踏んでやるーー!!!と思ったら
いきなり第一コーナーだ!しかも右側はコンクリートの壁!!きゃーー!!
ブレーキなのよーーー!!!キキキーー!!曲がってくれーカマロちゃん!
おぉ結構奥が長いぞこのコーナー。次はヘアピンだ!!ここはアウトイン
インで行けと言ってたな。それっ!あ”〜〜ふくらんだ!次は3連シケイン。
アウトから入らないとまっすぐ抜けるラインがぶれてしまう。こんにゃろ!
きぃぃぃぃきぃぃぃぃきぃぃぃぃ〜おぉすべるすべる、おもろいおもろい。
次は軽いシケインと上り坂のストレート。よしシケインは抜けたぞ行けー!
頭文字Dだったら「ドンシャアァァァ!!」とか擬音が入るんだろうな。
あららベタ踏みしてるのにああしてるのにZ28軍団に次々抜かされる〜。
くそー上り坂はやっぱりパワーの差が…。上り切ったらまたヘアピンだー。
きゅるきゅる。ここからスタートラインまで一気に下ってストレーーート。
行っけぇーー!!ギャラリーの前で恥かきたくないぞーーー!!!気付けば
水温計が見る見る上がって行く。普段は真ん中の目盛前後をうろうろしてる
のが、45°右の目盛まで針がふれてしまいます。そろそろクールダウンか?
とピットに戻って休憩。とまあこんな感じの繰り返し。最高スピードは私の
クルマでピット前のストレートで120km/hくらいなので実はそんなに
ハードブレーキするわけでもなく、クルマにやさしい入門者向けのサーキット
という感じでした。前評判は一体なんだったんだ?!

 〜参加車の勇姿!! Photo by Takakiさん〜
●TAI号

●Jorry号


●masa号

●D・ありす号

 走り出す前はこわいけど、いざスタートしてしまうとこわいなんて言ってる
場合じゃない。本能のままにクルマを操り頭の中が真っ白になって陶酔してる
自分がそこにいる。対向車もジャマな原チャリも信号もない!!走り終わった
後の充実感…。タイムはどうあれ、これは気持ちいい!!Motor Sportsって
何でクルマ運転するだけなのにスポーツって呼ばれるのか不思議でしたが、
体験してみてわかる。これはスポーツだ!汗だって沢山かくし、体力ないと
集中力がだんだん切れて来る。まだ全然シロートレベルではあるけれど。

 しばらくしてると、コース上の信号が赤信号に。どうしたのかなと思って
いるとありすさんのクルマが後ろをドロだらけにして戻ってきました。
「いやースピンしちゃいました。すいません。攻めすぎちゃったかな〜。」
ありすさんって顔に似合わず実はアツイ男だったのですね…。後ろを走って
いたTAIさんも「ありすさんの突っ込みはすごかった!」と言ってました。
でも特に大きな故障はないみたい。良かった良かった。

 そんなこんなで1台も廃車になることなく無事に終ー了ー。1位はABLEの
カリカリサードで50秒。速すぎる…。ちなみにC.O.Net参加車のTIMEはTAI
さんが貫禄の56秒でTOP。注目のV6対決はスピンするまで強烈な攻めを
見せてくれた96ありす号が1分。98Jorry号が1分3秒。97masa号が1分7秒
でした。(よく覚えてないので間違ってるかも。HOO誌を見て下さい〜。)
まあ、結果は二の次。みんな気持ちよく走れて事故もなく、晩飯食いながら
「あそこのコーナーでさ〜」「誰誰には追いつけないよ〜」とかサーキット
ネタで盛り上がり、楽しい1日を過ごすことができました!!

 ただ、モディファイ病がかなり悪化してしまうのがタマにキズですね(笑)。

 ってなわけで。レポート終了!次回はもっとC.O.Netの参加者が増えること
を期待して。お疲れ様でしたー!!

 最後に色々お世話になったHOO誌編集部の皆様、WestClub石川様、ABLE
原様、その他参加した皆様、お疲れ様でした。また宜しくお願いしますね!

[おまけ]

 〜当日はレーシングトラックの試乗会も行われました!〜
 

[Return]