kyoのベガス日記♪

Reporter:kyo
★その1

2月20日成田〜サンフランシスコ
8時間30分という国際線でのロングフライトの後、国内線へ乗り換えの為
サンフランシスコにて入国審査。しかしアメ公は私の入国をそう簡単に
許さなかった。警官が「パスポートを見せろ!」と英語で(当り前でしゅ)
うなり、何だか穏やかでない。スーツケースの中身をすべて調べ「ドラック」
系が出てくるのを鼻歌まじりに調べているようだ。「出てくるわけないでしょ!」
「Sorry」とも言わず一言「OK」のみ。ファッキンポーズをとろうものなら
すかさず銃殺されそうな緊迫感があったので関西弁で「アホ〜」と一言。(-_-メ)
ギャング系スエットのファッションがダメだったか・・麻薬犬使え!Fxxk OFF!
無事、入国審査も済み乗り継ぎ時間にあと3時間30分ほどあるので飛行場外で
タバコを一服・・・全席禁煙だったせいかクラっとくる。1本吸ったと同時に
シスコの空は集中豪雨!アメリカは僕をとことん歓迎してくれていない・・・。
激しい揺れの国内線にてラスベガスに到着。外人の子供は吐いていた・・・フン。
添乗員の案内にてルクソールホテルにチェックイン。身体はくたくた・・・。
初日はこのままダウン。    続く・・・・
 

★その2

初日、このままダウンか・・しかし現地時間のpm10時頃同室の同僚に起こされ
食事へ・・ホテルのバフェ(バイキング)へ。ウヘッまずい(~Q~;)
貧乏性の私は調子に乗って2皿大盛でとってしまったため困った・・・・。
その後やはりスロット♪ラスベガスはホテルのロビーがギャンブル場で24時間営業
していて飲み物も$1でなんでも飲めちゃう♪そのせいか宿泊客を部屋でのんびり
させないため客室に冷蔵庫ナシ。アメリカ人らしい図太い発想だこと。
セコイ私(爆)はまず¢5のスロットでチビチビと開始。$20つっこんで2時間も
遊ばせていただく。初日から大金つかう困ったチャンじゃないのでまずは手ごたえ
から・・で終了。かなりのアルコールのオーダーで酔っ払ったので寝る・・・。
2日目>
昼前に起床し本日は「ファッションアウトレット」へショッピング。2軒先のホテル
NY・NY(ニューヨークニューヨーク)からバスが出ているのでいざ。ファッションア
ウトレットはベガスの端にあり交通の便の悪さからブランドものもかなりの激安に
なっている。バスの時間に余裕があるので食事。NY・NYに「チンチン」という中華
料理店があったので入店。「ラーメン&ライス」をオーダー。待つこと15分、テーブ
ルに届けられたのは「焼きそば」。おいおい!「マイ・・オーダーイズラーメン」
発音滅茶苦茶な英語?で店員にいうが焼きそばを指差し「THIS ROWMENG
(ラーメン)」・・・・こいつら・・・違〜う!ライスは箸では食べれないほどパサパサの
カリフォルニア米。数年前の米不足の際、貧乏でタイ米食ってた頃を思い出す。
ちなみにここの春巻きの呼び名は「スプリングロール」だそうで(爆)マジです。
食事がいけなかったのか日本での不摂生が爆発したのか熱っぽい上に鼻水が
止まらなくなってきた。う・・。バスの時間まであと30分・・・おバカな私はホテルに
戻らずNY・NYにてスロット開始(核爆)ここで部屋のベットで寝込むほどバカじゃな
い。旅先の恥はカキステとはよく言ったモノで両鼻にティッシュを詰め込んで(笑)
スロットをやっているもんだから「オーマイガッ!」の嵐!
この「日本の恥男」のスロットの結果は・・・・続く?
 

★その3

まずはこれはすべて「ノンフィクション」であります。決してウケ狙いや
過大表現ではありません。私もロン毛で茶髪ながら今年で35歳を向かえる
いわば人生の折り返し地点にタッチしそうなお年頃なんです(爆)
本編>
両鼻にテレクラのテッィシュを詰め込み(自爆)スロットに熱中していた・・・・
その時・・・あろうことかタバコを咥え火を・・火をつけたのです!
火は瞬く間に燃え広が・・・らず鼻水の水分にて鎮火しボヤ程度(核爆)で
治まったのでした・・。これには辺りの外人さんより本人がビックリ! (^^ゞ
「OH!CRAZY!」なる英語が聞こえる・・・逃げ出したい・・・・でも・・・
スロットが調子イイ!隣で打っていた部下も「さすがkyoさん!周りを気にせず
打ち続ける姿・・・男っスよ!(涙)」なんてちゃかすが、実はかなり・・・
チビリそうでした(自爆)。そこへドリンクをサービスするお姉ちゃんが
やってきたのでとりあえず鼻水を止める薬を調達してもらうべく自己流の
たくみなアクション付き英語?で「え〜ユーハヴァ・・ノーズウォーター・・
ストップ・・ドラック・・OK?」しかし冷たい視線を残し無言で立ち去られた。
気が付くとバスの時間が過ぎ次のバスまで2時間もある・・・・。切ない(^-^;
いろんな台に浮気しウロウロし結局$200の負けで燃え尽きる・・・・。
そしていざファッションアウトレットへ。周りにはホテルが数件立ち並ぶくらいで
ほんとに何もない。荒野(この表現が適切なくらい)の先によく映画に出てきそ
うな貨物列車が走っていた。う〜んアメリカはでかいにゃ〜♪
おっと3rdカマロ発見!私と同色の黒。パチリ。赤の4th発見!オーナーが
いたのでいつものペラな英語(爆)で「ピクチャ〜OK?」なんていうと
すんなり「OK!OK!」なんて言ってくる。フン!通じるぜ!アメ公!俺も
バンド続けてりゃワールドワイドなシンガーになってたろうよ・・・なんて
自分に酔っていたらコノ野郎、肩組んできた・・・車撮りたいでけなのに・・・。
カメラの調子がおかしいふりして「ソーリー・・ブロークン・・マイカメラ」で
逃げた・・・。部下の前では「かかってこい!アメリカ」なんてほざいていた私
ではあるが「銃社会アメリカ」が脳裏によぎり「屁タレ」の称号を射止めてしま
った・・・・。PS:歌舞伎町の方々より恐怖を感じた・・・。
ショッピングの予定なのにバカな部下は隣のホテルに絶叫コースターがあるのを
発見!・・・行くことになる。以前、デートで豊島園に行った際に彼女一人だけが
絶叫マシンに乗り私は保護者のごとく荷物をかかえて降りてくるのを待つ・・
そんな男にキレた彼女は「私と別れるかコースターに乗るか決めて!」なんて
いうので「別れる」と言った私・・・苦手なんです屁タレなんです・・・。
しかし部下の手前・・・私は・・・・危うし!・・・たぶん続く♪
 

★追伸MOMO様

ヌードルはたしかにラーメンではありますがメニューになかったのです。
焼きそば(ROWMENG)はハンパじゃない量で日本でいう2玉はあろう量。
残した私達をミハエル・シューマッハ似の店員に早口英語で罵声を浴びて
しまいました・・。餃子も食べましたよ。マズかったです。
「ライスボール」とかいうのもありこれは丼です。部下は「おにぎり」だ!
なんて思ってたみたいですが・・・実は私も(^-^;
隣のテーブルが炒飯たのんだので覗いたらご飯3合はありました・・・。
アメリカ人は質より量みたいですな。あんなに食べてうんこ流れるのかな?
余計な心配ですが・・・。
 

★その4

噂ではかなりのスピード(体感150km/h)があるらしいコースター・・・・
「役職もクソもねぇ〜」と雄たけびあげ・・・・荷物持ち(屁タレ)に。
その上、鼻にはティッシュで栓してる馬鹿ずらで・・・。はぁ〜。
「僕はあくまでもダンディズム」を追及しているので子供の遊びには付き合え
ないんだ。嘘をついてまで絶叫マシーンを拒否する私。嘘はいけない・・・。
私が嘘をつく時、それは遅刻した時だけなのです。気持ち硬派な私は決して
他人に対して嘘だけはつきたくない・・・。鼻栓しながら言うな?!
ついた嘘1「ごめん。昨日ポケモン見てたら頭痛がして。」
ついた嘘2「朝起きようとしたら金縛りにあっちゃって死んだばあちゃんが
      足元で今日は行かなくていいなんていうもんだから・・・」
         *ノンフィクションです*
というわけでショッピング。安い!ティンバーランドのブーツが88$!うは?!
私の目的はヴェルサーチ!ネクタイだけでも30本以上コレクトするサーチャー
なのです。おお!スーツが230$!ここで1000$近いお買い物♪キャー!
そしてホテルへ。まずはバドワイザーをイッキ!そういえば隣の部屋、ルーム
サービスで分厚いステーキ食べ残して扉の前においてあったな・・・。
物色♪・・・マズイ。洗ってステーキ投げ大会が始まった。15分で飽き「神様
どうか私達にもステーキが食えるよう恵んで下され〜」と皆でお祈りをし
いざポーカー場へ。「masaさんエアロ欲しがってたな〜Nakさんはスーパー
チャージャー欲しいって・・・MOMOさんはペイントか・・・よし!」
スロットをあきらめ率のいいテーブルゲームへ・・・・・・(~o~)NO?!
300$の寄付・・・・。部屋に戻り枕を濡らす。消灯。
ここで紹介がおくれましたがAV女優の宏岡みらいちゃんもこのベガス旅行には
参加してます。ムズムズ。何があったかって?・・・・秘密♪
明け方5時くらいまでギャンブルやってたので当然起床は昼過ぎ。窓を開けると
雨・・・大雨。テレビをつけても理解できないくせに天気予報なら解る。
本当は国内線でロスにでも行こうか・・なんて思っていたのですがモンスーン
の影響でロスは豪雨。災害が出てます。やばい。洪水みたいです。
仕方ないのでD.F.S(免税店)へ。フェンディー、セリーヌくらいでな〜んにも
ない!日本語で「コンビ二」と書かれたショップへ入る。おおおカレーライス!
まずいんだけど美味い。富士そばのカレーみたい。ここに日本人のギャル登場!
やはりナンパ「ねぇ何処から来たの?」「今夜俺たちとおもしろいショウを見に
行こうよ!」・・・「いいです・・」調子コキやがって?アマ!ギャル仲間が
次々とショップから出てきた「さっきヘンなおやじにナンパされそうになった」
なんて話してる・・・おやじか・・・へっううううう。枕濡れそうです。
日本ナンパおやじのこのあと・・・・続く
 

★その5

本編>
ナンパに失敗した「おやじ」は目を赤らめながら(涙)部下に「やはり30越えると
おやじなんですかね?」なんてより一層落ち込まされながら一路ストリップ通りを
(ベガスで一番賑わっているメイン通り)ホテルへ向けとぼとぼ歩き出す。途中
ファッションモールに立ち寄り、前回渡米した時にすごく気に入ったロック系の
アンティークショップへ。ここに来ると欲しいものだらけである。ミュージシャン
のサイン入りギターがゴロゴロしている上、アメ車系のグッズ(パーツではない)
も豊富なので部屋のオヴジェとして使えそう(持ち帰れそう)なものをチョイス。
すごく欲しかったのはオールドコルベットやカマロのテールライトがLEDで光る
イラストパネル。しかし日本とは電圧が違うので諦め・・・。中でも一番欲しくて
30分くらいその場から女々しく離れなかったほど手に入れたかったのは昔のキャデ
のテールをモチーフしたソファー。$1200・・・持ち帰れないっつーの!
いくつかおしゃれなブリキのパネルを購入し駄々をこねる子供を親が連れ出すが
ごとく、部下に手をひっぱられその場を去る・・・・。次に「TOYs SHOP」。
おもちゃ屋である。昨年シンガポールに行った時も現地のおもちゃ屋へ出向き
ミニカーを物色してC5昆布のフィギアを購入してしまった。だってカマロが
なかったんだも〜んってなぜか童心に戻ってしまう。日本じゃ絶対おもちゃ屋
なんて覗けないし、あえてゲームおたくやギャーギャー泣くく子供が集う場に
行きたくもない。そう・・・私は子供が大嫌いなのです!泣くな子供!!!
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。地球はお前達のために回っているわけじゃない!(謎)
本場アメリカならカマロあるだろ〜と捜していると・・・ありました(^з^)-☆
しかも4th前期の昆布♪・・・・でも変・・・造りが雑というかバカにしてる!
ということで購入せず(説明する気力がなくなるくらい)その横にC3スティング
レーのイエロー・・・綺麗。買う・・・・C5といいコルベット買っちゃった(・・;)
3rdなんてカスリもしないほど見当たらない。部下Aはスターウォーズのヘル
メットを購入。スーツケース入らないって!部下Bは巨大な4WDラジコン($99)を
手にレジに並んでいる・・・だからスーツケース入らないって!機内持込にしても
ヒンシュク買うぜ!そんな私も巨大な戦闘機のラジコン(飛ばない)を手にして
レジに向かおうとしたところ部下Bが「スーツケース入らないですよ」なんて
「お前が言うな!」・・・断念。バカな部下Cは電池で動くピンクのカバを買って
るし・・・。あ〜あ。独身のいい大人が揃いも揃って両手におもちゃをかかえて
ホテル到着。その頃には鼻水も止まりホテル内に日本食レストランを発見。
さば焼き定食を食らう。まずまずですな。その後はやはりポーカー・・・・・。
爆死・・・。そろそろ女恋しくサカリ(爆)がつき始める。フロアレディをくどく
が相手にされず・・「I want YOU!」爆乳の谷間が気になってしかたない。
部屋に戻り有料チャンネルにチャレンジ・・・・写らず・・・撃沈。
今夜も枕を濡らし消灯。サカリのついた男達はこの後!   続く・・・・・
 

★その6

サカリがついた男達はそうやすやすと眠りにつけなかった・・。
夜中2時だというのに部屋の電話が鳴り出す。部下Cからだ。
今回同行したAV女優がマネージャーらしき男と部屋に戻ってきた
知らせである。部下CとAV女優の部屋は隣同士なのだ。ウフ!
なぜか全員コップを手にしている・・・。そう簡易盗聴(爆)なのだ。
全員が「おっぱじめるぞ!」と期待しながら声を殺して待つこと40分。
聞こえるのはかすかな寝息・・・。部下Cは私の激に触れる前に逃げた!
声を殺して待つ・・・この集中力を仕事にも役立てたいものだ(爆)
部屋に戻るがどうも眠れない。同室の部下Aはスロットへ向かうが
私は酒を煽る。明け方、無駄遣いをした(負け)部下Aは寝床へ・・・。
窓から外を見下ろすとコンビニ「ampm」が見える。とりあえず向かう。
バーボンとスナック、サンドイッチを購入し戻る。今日の天気は良さそう。
飲み直して朝9時前にようやく眠る。滞在期間が長くなるにつれ、どこか
シュールな気分になる。何を気取ってるんだろう・・・お馬鹿な私。
昼13時頃、部下Bに起こされる。天気がいいので出掛ける。しかしながら
酒のせいか腹痛が激しい。ナンパに敗れたD・F・Sのとなりに薬が売っていたので
購入。しかし部下Bは目薬を大量に買い込んでいる。「アメリカ製の目薬は
日本より認可規制が甘くかなり効くので白目が綺麗になる」なんていっている。
たぶん渡米前に誰かから入れ知恵されたんだろう(核爆)
「じゃ胃薬は?」と尋ねると「下痢の場合、即うんこが固まる」バカ言え!
でもコッソリ私も目薬を1個購入。帰国後試すが、変化ナシ。情けない。
今度彼の家に行ってみたい。勧誘により数社から新聞をとったりしてるん
だろうな〜。仕事はできるヤツなのにな〜。
空も暗くなりベガス名物のストラトスフィアタワーへ。感動である。
ベガスの夜景。言葉にできないほど感激するが・・・恐怖に変わる。
タワーの上にビッグショットという名物の絶叫マシンがあるのだ・・・。
勿論乗らないが(私)。どうして外人は絶叫マシンが好きなのか・・・。
具合が悪くなりホテルへ帰る。明日はバンジージャンプにトライするらしい。
好きにすれば・・・で次回最終回!
 

★最終章

皆様お待たせいたしました。ようやく最終章です。
本編>
実際、私自身そろそろベガスはお腹イッパイになりつつあった。
正直、前回来た時にセスナでのグランドキャニオンツアーや
ベガスに来たならば見るべきである各ショーは楽しんだ。今回の旅行の
主旨は「オプション入れずに楽しもう」だったのですがただ単に
買い物とギャンブル&絶叫マシンに終わりそう。5日間がかなり
長く感じはじめていた。部下達は私の日本では見れないハプニング
の数々を結構楽しんだみたいだが (^^ゞ
最終日の早朝、こんな気分で目が覚めてしまった。いつも通りに
先に起床した私はなんとか理解ができる「KIDS番組」を見る為
テレビをつける。ピンクの恐竜のヌイグルミがダンスを始めると
そのリズミカルなフットワークに「ガチャピンとどっちがすごいか」
なんて独り言をつぶやいていると部下Aが起きだした。「ガチャピン
です」なんて言いながらトイレに行く・・・聞かれていたか・・・。
ヤツは先日、スロットで負けた分を取り返してウキウキである。
そんな私は気分ドロドロ(謎)である。正午に全員集合♪しバンジー
があるホテル「サーカスサーカス」へ。ここのテーマはやはり名の通り
サーカスチックな遊園地である。東京ドームを少し小さくした感じの
ドーム型遊園地になっていて子供連れの旅行でもここのホテルだと
楽しめるだろうな。バンジーを捜しながらドーム内をウロウロ。
幼児用のコースターを部下が発見!「これなら乗れるでしょ?」なんて
見るからに憎たらしい目で私を見る。これも思い出。なんて割り切って
乗車?を従業員にお願いするが「NO〜」とのこと。内心「ホっ」。
タトゥー屋を見つけるがやはり「シール」。子供向けだからね。
実際、今回渡米にあたりタトゥーを増やすつもりもあった。
いくらウロウロしてもバンジーが見当たらない。従業員専用口から
ドームから脱出すると目の前にバンジータワーが・・・怖〜!!!
まず各種「承諾書」に記入。部下の中でも骨のある男、A君が
ジャンプすることに。そうです他のヤローは「チキンボーイ」なのです。
言葉通り「飛べない鶏(屁タレ)」です。私は部下Aを抱きしめた(爆)
そのあと全おこずかい入りの財布を預かり「君が死んだらこれは寄付させて
もらうよ。」と別れの抱擁を終え彼はビル12階はあろう高さのタワーへと
登っていった。ひるんでいる・・・風も強い日だったのでタワーも心なしか
揺れている。そりゃひるむだろうな。下から見上げているだけでも怖い。
と・・・飛んだ〜!感動〜!バンジーを終えおりてきた部下。マジ怖かった
らしい。風の強さでコンタクトにゴミが入り少々涙目だった私を見て「泣いて
くれたんすか?」なんていっている。これにて上司として信頼が取り戻せる?
のならと・・「その通り・・感動だよ」なんてまた抱擁。男は単純でよい。
このあとカマロのカタログを貰うべくGMのショールームへ行こうと思うが
言葉通じず断念・・。「係長(私)の行きたいところで最後を飾りましょう」
という部下の感動的な言葉に甘え、いざ「ハードロックカフェ」へ向かう。
バドワイザーとハンバーガーをオーダー。食える。その後調子に乗ってラム
ベースのカクテルをオーダーしベロベロに酔う。各アーティストのギターや
かなり懐かしいPVが店内のモニターから流れている。かなりいい雰囲気だ。
酔った勢いで店員のネェちゃんと仲良くなりカレンダーを貰った。嬉しい♪
外国のカレンダーには日本の無駄な祝日が入ってないのでまたオシャレ。
隣のハードロックホテルも覗く。私が大好きなアーティストの一人である
モトリークルーのベーシスト「ニッキーシックス」のハーレーがディスプレイ
されていて又、感動。かなり来てよかったデス!ここ(^^)v
酔いも心地いいところでホテルへ戻る。最終日。よい1日であった。
明日は早起きで帰国である。早めにベットイン。
・・・・・番外編へ続く・・・。
 

★番外編

やはり帰りのサンフランシスコ行きの国内線は揺れる。AV譲のオッパイ
も揺れる(謎)サンフランシスコの空はやはり曇りのち雨。暗い早朝。
イメージ崩れるゼ。全日空に乗り継ぐ為にカウンターへ。ここで第一の
トラブル。私だけ席が離れている。日本人のスタッフもいるのだが私達を
受付けているのは怪しいコロンビア人(たぶん)。「トゥゲザー・・セット
・・シートチェンジプリーズ」なんて言っても「ダメ」なんてぬかす!
胸ぐらつかんで唸ったら警備員におさえられた。態度がムカつく・・。
仕方なく成田行きに乗り込む。私の隣はAV譲とその関係者のデブ。私が
窓際。トイレ行けないゼ。隣にデブが座る。狭すぎる〜これで10時間30分は
無理がある。離陸すると空席が多いことにきずく。「向こうの席空いてますよ」
なんてデブはいうが出れないってーの。「お前らが席移れば」なんていったら
ムッとされ寝た振りして寄りかかってくる・・・死ぬ・・・苦しい・・・。
爆発〜!デブの膝の上に足を乗せ通路へジャンプ。機内ファイトも覚悟したが
デブにひとうなりしたら「シュン」としたので勘弁してあげる。(`´)
木村佳乃似の品のあるスッチーさんにお願いして席を確保していただく。
綺麗な女性だ・・こんな女性とコンパしたい・・・なんて・・・m(_ _)m
食後、眠りたいのでワインと睡眠薬を飲んで眠る。グッスリである。
帰りは時間がかかるのはわかっていたことなんだろうがやけに
ながく感じた。成田着。寒い。又、最悪トラブルが発生する。
部下一人のスーツケースが届かない。他にも数名届かない人がいるようで
モメている。サンフランシスコで止まっているようだ。なんじゃそれ?
後日4日かかり手元に届いたらしい。
最終日というか帰路に向かうにあたって気分悪いことが多かったのには
ガッカリしたが・・・まぁいい旅だったような気がする。
反省点は英会話はやはりできないとダメ(爆)かな?と。
だから私はハワイが好きなのかもしれない・・住みたいハワイ♪

PS:MOMOさま>つまらないカキコをこのBBSにて使用させていただき
誠にありがとうございましたm(_ _)m
(Fuse注:この日記はMOMOさんのHPで連載(?)されました)

次回から「kyoのロッカー人生への道」が掲載されます(大嘘)
 

[Return]